青森県民のためになるオトク情報を紹介するサイト

アオタメ

スポンサーリンク

お役立ち情報

絶対寒くない夜桜の服装のコツとオススメの防寒グッズとは?

投稿日:

春といえばお花見です、春の季節は寒暖差がはげしく、夜は意外と寒いんですよね。

出掛ける時は大丈夫そうでも、急に冷え込んだり風が出てくる事もあるので
きちんと防寒していかないと寒さで震えて楽しむのも楽しめません。

今回は夜桜デートや職場友達との夜桜を楽しむための防寒対策として
夜桜にしていきたい、寒くない服装と持っていくと便利な防寒グッズの紹介をしたいと思います

 

寒くない夜桜の服装とは

防寒を無視した薄着で夜桜に来る方がいますが、本人も寒いでしょうし回りにも気を使わせてしまいます。

きちんと防寒を意識した服装で、「おしゃれさ」「かわいさ」はトップスの色や小物で出すのがオススメです。

ボトムス選び

オススメのボトムスはデニム・スキニー・ワイドパンツ等のパンツスタイル

ガウチョパンツにタイツやデニール値の高いストッキングを着用するのもいいと思います。

更に、厚手のタイツやレギンスできちんと防寒しましょう。

 

パンツスタイルならスカートよりも直接外気に当たる面積が少ないので暖かいし、
夜風が吹いても、めくれる心配もありません。

夜桜ではシートやベンチに座る場合が多いので、パンツスタイルならば座りやすく楽なのもポイントです。

 

色は汚れても目立たない濃い色をオススメします。

夜桜はシートやベンチに座る機会が多いので、薄い色や白のパンツだと汚してしまうと目立ってしまい恥ずかしいし、
汚さないように気を使うので思うように楽しめません

 

どうしてもスカートにしたい場合はミモレ丈のスカートで、タイツやストッキングで防寒しましょう。

※ミニスカートは寒いですし、座る機会が多いのでパンツが見えないように気を使いますのでやめましょう。

 

トップス・アウター選び

トップスで春感や可愛さを出していきましょう。

オススメはニットのセーターで、色は春らしいピンクやライトグリーンや白にすればバッチリです。

ただし、ニット素材は意外と風を通しやすいので、インナーで防寒対策しましょう。

おすすめはヒートテック重ね着か、ヒートテック超極暖です。

 

アウター選びは夜風を通さない物を選びましょう。

丈が長めのダウンジャケットや厚めのコートがオススメです。

※スプリングコートを着る場合は寒いかもしれないのでインナーとトップスで防寒してくださいね。

 

靴・靴下選び

靴は歩きやすく、履いたり脱いだりしやすいスニーカーやパンプス、ローファーやバレエシューズがオススメです。

季節外れになりますが気温が低い場合はムートンブーツやモカシンで完璧です。

但し、夜桜の後に場所移動しての2次会がある場合、ちょっと浮いてしまうかもしれません。

 

靴下は厚手の物で防寒します。

うっかり靴下を濡らしてしまうこともあるので予備の靴下をバッグに入れておきましょう。

 

防寒小物

小物類も忘れずに持っていきましょう、特にストールやマフラーが防寒に効果的です。

マフラーやストールで洋服の隙間から入ってくる空気を遮断すれば暖かいし、ひざ掛けにも使えます。

寒くなった時用にコートのポケットに手袋も入れておけば完璧です。

顔の防寒も大事ですので、ニット帽や耳当てで可愛さを出しつつ防寒、食事以外はマスクをつければ暖かいです。

 

夜桜にオススメの防寒グッズ

カイロと断熱シートは夜桜に絶対持っていきたい防寒グッズ。

ここではカイロの使い方と断熱シートの使い方について語らせていただきます!

カイロの使い方

貼らないカイロはポケット全部にいれておけば暖かいですよ。

カイロを貼る場所ですが、少し貼りづらいんですが、左右の肩甲骨の中心に背骨をはさんで2枚並べて貼ります。

ここには体を温める風門というツボがあるので効果的です。

あとはお尻やお腹、足にも貼っておきましょう。

裏技なんですがマフラーやストールの裏側にカイロを貼っておけば、首元も暖かく過ごせますよ。

 

アルミシートについて

アルミシートは保温に効果がある、夜桜に絶対おすすめの防寒グッズです。

使い方は簡単でブルーシートの上に敷くだけ。

地面から伝わってくる冷え(冷気)を遮断できますし、少し厚さがあるので長時間座っていてもお尻が痛くなりにくいんです。

保温性の高い災害用の物もありますが100円ショップで売っているものでも十分です。

但し、夜桜デートの場合はかさばらない携帯用の物にしましょう。

※新聞紙も一緒に使う場合は新聞紙を下に敷き、その上にアルミシートを敷いた方が暖かいですよ。

あったか ラグ 敷物用 保温アルミシート 約90×180cm 【約1畳用】

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は夜桜を楽しむための寒くない服装やグッズなどの防寒対策のお話でした。

特にアルミシートは、本当に暖かいので一度お試しください。

これで、夜桜の防寒対策は解決できると思います。

是非、参考にしていただき暖かく夜桜を楽しんできてくださいね。







-お役立ち情報

Copyright© アオタメ , 2019 All Rights Reserved.