青森県民のためになるオトク情報を紹介するサイト

アオタメ

スポンサーリンク

美容

【青森】冬のお肌とスキンケア。寒さに強いお肌作りとは?

投稿日:2018年2月8日 更新日:

青森に住む女性は肌の色が透き通るように白く、肌が綺麗で美人が多いといわれています。

中でも津軽地区の女性は「津軽美人」と呼ばれ特に美人が多いと言われています。

青森に美人が多い理由は日照時間が少ないから、水が美味しいから、自然豊かだから、空気が綺麗だからなど、いろいろな事が考えられています。

しかし、青森の冬は厳しく辛く、暗い時刻から雪片付けをしたり、凍えるような思いをしながら毎日バス停でバスを待つなど過酷な状況に耐えている女性も少なくはありません。

 

青森の過酷な冬、女性のお肌はどのような状況に置かれているのでしょうか。

また、具体的にどのようなスキンケアをするのが、お肌には効果的なのでしょうか。

そして綺麗な水や自然、空気はお肌にどのような影響を与えるのかをご紹介していきたいと思います。

 

青森の冬とお肌状況

青森の冬は寒く、氷点下になることが殆どで、気温が1度や2度になると暖かいとさえ感じられます。

青森県内でも八戸市など雪が少ないところはありますが、雪が降らない分風が冷たく、感じる寒さはどこにいても変わらなく思います。

外出するときはしっかりと防寒はしていますが、露出するお肌はかなりの刺激を受けていることでしょう。

 

冷たい風が吹き付け、露出している顔に容赦なくあたり、頬も鼻の頭も真っ赤になります。

青森では転倒した時に備え、傘をさすことは殆ど無いので、顔に雪や冷たい風が直接あたることは多いのではないでしょうか。

顔に雪や冷たい風があたり、お肌はその刺激を受け乾燥しやすくなり、更に排気ガスや埃など、様々な刺激物で青森の冬は肌が乾燥しやすく、お肌が荒れやすい状況になってい

ます。

※家に帰って来て寒いからと言って肌を暖房にあてすぎると、更にお肌の表面の水分が蒸発して乾燥を招きますのでお気を付け下さい。

 

お肌ではこんなことが起こっている!

青森の場合、冬は寒い場所に長い時間いる事が多く、体中が冷えて血行が悪くなるため、お肌にも良い環境とは言えません。

お肌は冷たく、血行が悪くなる上にリンパの流れも悪くなり、お肌は乾燥しやすく、くすみや肌荒れ、小じわ、たるみにも繋がります。

また、血行が悪いと、お肌の隅々に栄養分や酸素を行き渡らせることが出来なくなり、老廃物を溜め込みやすくなるのです。

その結果、お肌を老化へと導いてしまうのです。

 

寒さに強いお肌になるスキンケア

お肌のバリア機能が働く、寒さに強いお肌になるためには洗顔と保湿の二つを基本に毎日しっかりとケアをしていきます。

ではどのようなケアをすればいいのか?を具体的に見ていきましょう。

 

洗顔のポイント

洗顔は、クレンジング泡での洗顔があります。

クレンジングの目的はメイクやその他の油分の汚れを落とし、泡はクレンジングでの洗い残しと、その他の汚れを落としてくれます。

それぞれ目的が違うため、別々に洗顔することをおススメします。

 

洗い方の基本は、お肌に刺激を与えないように、優しく洗うこと。

ゴシゴシと洗うと、毛穴の汚れが取れにくくなるばかりか、お肌の乾燥と肌荒れを引き起こしやすくなるため、クレンジングも泡洗顔も、お肌を撫でるようにして洗います。

当然洗い流すときも、手でゴシゴシとこするのはいけません。

優しく洗い流し、クレンジングや泡がお肌に残らないように注意して洗います。

タオルでお肌の水分をふき取るときも、タオルで押さえるようなふき取り方を心がけましょう。

 

朝の洗顔は、ぬるま湯で20回ほど洗い流すだけで十分です。

お肌に存在する保湿の成分を洗い流すこともありませんので、乾燥しにくいお肌にする良い方法です。

お肌の皮脂分泌量が多いお肌であれば、泡を使う場合もあります。

 

保湿のポイント

保湿は、化粧水と乳液がありますが、メーカーによって使い方が違います。

使い方と使う量を出来るだけ守って使いたいのですが、もしも、お肌が乾燥していると感じたら、どの保湿成分も多めに使いたいですね。

 

お肌がしっとりとしている状態で寝ると、朝起きた時のお肌が調子よく感じられます。

お肌が荒れている時でも同じように保湿していると、数日でお肌状態は落ち着いてくるでしょう。

つける時、急いでお肌をこすることのないように、優しくゆっくりとつけましょう。

 

朝の保湿は、メイク前であれば保湿のし過ぎは寄れる心配があるため、用量通りにつけていきます。

日焼け止め程度であれば、保湿を少し多めに使っても良いでしょう。

 

水・自然・空気のお肌への影響について

青森は自然が多く、きれいな水や空気に恵まれています。

その自然の恵みが人の体に与える影響を知ると、本当に有難いと心から思います。

 

きれいな水を飲み老廃物を溜めない

水は、生活になくてはならないものです。

特に体の中には、意識して摂り入れたい理由があります。

体の約6割は水で出来ていて、水を体内に取り入れることによって、体の中にある老廃物が体外へ排出されやすくなります。

それを繰り返すことによって、体は健康と美肌を維持できるのですが、水を摂らないでいると老廃物が排出されにくくなります。

 

血行も悪くなり、体調不良や冷え、むくみが起こり、お肌の細胞の生まれ変わりもスムーズにはいかなくなるため、くすみやゴワツキ、肌荒れが起こりやすくなることも考えられます。

毎日1リットル以上のお水を飲むようにして、出来るだけ体に老廃物を溜めないようにしたいですね。

青森の水は水道水でも十分美味しいので、心置きなく水道水を飲める。だから綺麗なお肌になれるのかもしれませんね。

 

豊かな自然はリラクゼーション効果も

緑を見て過ごす生活は、精神的な安定に繋がるといわれています。

ストレスの軽減やリラクゼーション効果があり、良い睡眠がとれるようになります。

自然を身近に置くことは、心身ともに健康でいられる効果が高いため、観葉植物をお部屋に置くことも効果的です。

良い睡眠をとることは美肌の効果もあるため、生活に自然のものを取り入れることは、とても重要な事と言えるでしょう。

 

綺麗な空気は体にプラス効果

身近に自然のものを取り入れることと、綺麗な空気を吸う事とは繋がるように思います。

心地よく空気を吸い、体に酸素を充分に取り入れることは、精神のバランスを保つ効果があります。

美味しい空気を思いっきり吸って、思いっきり吐く時間を意識して作るようにしていると、体にある老廃物が排出されやすくなります。

是非、毎日の生活に取り入れてみて下さい。

 

まとめ・最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は青森の冬にお肌がどういう状況になっているか、冬のスキンケアについて、青森の水・自然・空気とお肌の関係についてを解説させていただきました。

青森の冬は環境が厳しく、お肌の状況は乾燥しやすく、荒れやすい状況になっています。

今回ご紹介させていただいた内容を取り入れ、毎日のスキンケアをしっかりして寒さに負けない強いお肌を作っていきましょう。

冬のお肌のスキンケアに悩んでいる方の参考に、少しでもなったら嬉しいです。







-美容

Copyright© アオタメ , 2019 All Rights Reserved.